名物コース紹介「栂池パーク」
白馬山麓で最も標高が高く、レベル別アイテムが多彩に

ジャンプ、ジブの他に、ウェーブやヒップなど地形の起伏を活かした栂池のパークは、白馬山麓で最も標高が高い。
1月〜2月は「ハンの木ゲレンデ」に作られ、3月からは「栂の森ゲレンデ」に移動するので、1シーズンに2段階の楽しみ方で遊べるのが魅力。
そのうち、今回は「ハンの木ゲレンデ」のパークの上級者レーン様子をご紹介。
ゲレンデ上部、山麓から見て左側に位置する「ハンの木第3クワッドリフト」添いに設置されている。
上級レーンはリフトに乗りながら見られるので、ハイパフォーマンスなライディングにはリフトから歓声があがることも。

こちらは、そのリフト沿いに設置されている上級レーンのジャンプ&ジブエリア
(2019シーズン) リフトから見えるので、レベルアップを目指すには良い手本&刺激になるだろう。

そして、3月からは標高1,700m近い栂の森ゲレンデにパークが移動するので、ゴールデンウィークまで楽しめる。
(*コンディションは積雪条件の影響を受けます)
上級コースの最後のヒップはリフト乗車中の人への1番の見せ場
初中級者レーン、人気の3連ジャンプ。
上級レーンとコースが分かれているので安心してトライできる